肺につながる気管

舌の動きが悪くなると飲み混む力が弱くなって食道に入らなくなる
食べ物の中にある菌などが気管に入ることを誤嚥性肺炎と言います。
年齢とともに機能が落ちてくるわけです。
統計からすると60歳からぐんと落ちています。
おしゃべりをしないでいると、舌の筋力が落ちてしまうこともあるそうです。
接客などをして普段おしゃべりをしている人は筋力が強い傾向にあるようです。
舌がたくみに動くかどうかで自分の舌年齢がわかるそうです。
「カ」「パ」「タ」を一分間に何回言えるでしょうか。
これは誰か人に協力してもらって、何回言えているのか数えてもらいましょう。
65回以下は80代
66~70回は70代
71~75回は60代
76以上は20代
舌は噛む役割もあったんですね。
舌の衰えの原因には年齢、しゃべる時間が少ない、柔らかいものばかり食べているのがあります。
みなさん気をつけましょう。