命に関わる3つの働き

酔っ払っているときに脳梗塞が起きているかどうかの判断はつきにくいものです。
顔がゆがんでいたり、口の動きがおかしいなど、常に気をつける必要があります。
脳梗塞では口の筋肉、舌やのどの奥の筋肉も麻痺、ろれつがまわらないのは口が麻痺しているのです。
これらのサインを酔っていると思ってしまうと脳梗塞のサインを見逃してしまいます。
救急車を呼んでからの行動が一番重要です。
命に関わる3つの働き
右麻痺がはじまっている人を女性が抱えようとすると男性も自分を支えられないし女性も支えられず店頭する危険がある。
仰向けにしてはいけない。
吐いたものがのどの奥に落ちて窒息をする危険性があるので絶対にしてはいけない。
気道を確保するべきです。