プリン体の主成分である細胞が分解すると最終的に尿酸になります。
痛風の原因でもある尿酸です。
プリン体が多い、高プリン体食品は過剰にとりすぎない方が良いということになります。
アジひもの、アジ、さば、サンマ、イワシ、エビ、イカマグロにも多いとされています。
鶏のレバーは肝臓が多い。他にはカニみそ、白子など。
プリン体はビールは0.5mgですが、焼酎やウィスキーにはほとんど含まれていません。
尿酸は尿とともに一定量のバランスで排出されます。
プリン愛をとりすぎると大量に尿酸をつく手しまいます。
アルコールはのも過ぎると体内のバランスが崩れてしまうのです。
だからお酒が悪いのではなく、尿酸値が問題です。
尿酸値が超えた状態をほおっておくと尿酸の結晶になってしまいます。