必要あるものとないもの

100歳のお祝いに銀杯が贈られるそうですけど、ご存知でしたか?
行政からそんなものをもらっても嬉しいとは思わないような気がします。
もらったとしても記念としてとっておき、しまうだけになりますよね。
税金で支払われることから今後は考え直すべきという案があるそうです。
もっと早くに廃止してもいいものではないでしょうかね。
記念品をもらうくらいならその分のお金をもらった方がいいですよ。
そしたら消費につながりますし、自分につかわない場合は子供や孫に使おうとする100歳老人は必ずいるはずです。
タンスの肥やしになってしまうものは必要ないものですよ。
いまですら子供よりも老人が多い日本なんですから、今後のことも踏まえて改革しているべきですね。