警察以外の支援があるということ

性犯罪やストーカー行為などの被害が潜在化しやすいときの相談先で思いつくのは基本的には警察ですね。
でもすぐには動いてくれないだろうし、自衛が必要だということは分かります。
配偶者暴力支援センターなどの認知度は9.5%しかないそうで、確かに私も全く知りません。
児童相談所は83.3%と高いのは、子供の虐待などで話題になるからですよね。
警察庁の担当者は警察以外の窓口や認知度が引くのが防ぐために必要とのことですけどそうですね。
今はテレビの視聴率が低いこともあるけれど、やはりテレビの力はあると思います。
みんなが見ることが出来るメディアですからね。
テレビドラマとかにしたらどうかと思いましたけど、職員がストーカーに危害を加えられたりとショッキングな内容になりそうで別の問題が起きそうだから難しいですね。

コメントは受け付けていません。