肌は内面を写す鏡

体の状態が反映されると考えれらているからです。
水軍量の増加は関係なく、肌の弾力というのがその人の肌年齢を左右します。
それがコラーゲンです。
肌を更生するたんぱく質でバネのような存在です。
コラーゲンは血管や骨の形成にもかかわっている重要な物質です。
体の老化だけじゃなく不摂生な生活によりコラーゲンが減少していきます。
肌年齢が10歳以上上だった人には、内臓の年齢も高いということになります。
健康に不安があるということです。
喫煙は血管を収縮されてしまい不摂生へとつながります。
より若くなりなたい場合は外からのスキンケアだけでなくて内からのケアも大切。
食生活や睡眠となると、つまり子供の頃から死ぬまでさまざまなことに気を付けて生きていかないといけません。

 

コメントは受け付けていません。